喜びふぇすた終了☆   

c0161114_7522875.jpg

昨日、grand moonさん主催の喜びふぇすたが無事終了いたしました。
お店でのイベントは去年もしていたのですが、共栄市場を借りてのイベントはgrand moonさんにとっても初めての試みだったので、どうなるのかな~とドキドキ。わくわく。でした。

私は、仕事でしたので、朝の準備しかお手伝い出来ませんでしたが、nokishita屋代表5名の作品出店をさせていただきました。
沢山のお客様にも来て頂いたようです。遊びにきてくださったお客様ありがとうございます。
そして、grand moonの店長竹田さん、みょうじょうさん、有難うございました。
また、次回楽しみにしています♪
お店番に立ってくださった、mihomaちゃん、nocciちゃん、tsuyayamちゃんありがとう。そして、お疲れ様でした。
喜びふぇすたに参加された作家さん、企画の皆様ありがとうございました。
またご一緒できることを楽しみにしています。

c0161114_8262970.jpg最近、どんどん寂しくなっていく町の商店や市場。
地元共営市場もその一つです。
10年前くらいはもうちょっと賑わっていたのになァ・・。
grand moonさんは、地元商店の活性化、波動を高めよう!
という試みでこのイベントを企画しました。
でも、至る所にこういった寂しくなっていく市場や商店があると思います。
こういう小さな町を地元の人たちで活性化出来る企画はホント素敵だと思いました。
皆さんも機会があれば地元で企画してみてはどうでしょう?
ゆったり気ままに、こういうイベントを続けて行くことで、町の人たちや商店の人たちにも楽しんでいただけたらいいなぁー。と思います。

c0161114_8344267.jpg→こちらはcapanna coffee busさんやプレートランチのお食事コーナー。
c0161114_8373780.jpg





c0161114_8382243.jpg




お友達のマクロビユニットyuco&naoちゃんの焼き菓子。


c0161114_8424558.jpg
c0161114_8515632.jpgc0161114_852656.jpg









c0161114_8524131.jpgc0161114_8532212.jpg












昔ながらの古い市場が可愛らしくディスプレイされ、古いものと新しいものの融合が和やかな雰囲気をかもし出していました。
この町ができた母たちの時代から、家庭の台所を潤してきた市場。
次々にお店が閉まって行き、いまでは、鶏肉屋さん。お豆腐やさん。お魚屋さん。お饅頭屋さん。たちが、頑張ってくれています。
今はガランと寂しい感じもありますが、共栄市場を愛してやまない地元の人たちもたくさんいます。
うちの子も鶏肉屋さんの鳥長さんは大好き。
たまにお友達とチキンカツを買いに行ったりしてます。

この喜びふぇすたは、おじいちゃんおばあちゃんの時代から受けつがれた市場を、子ども、孫の代への懸け橋になるのではないか・・・と思います。
[PR]

by season-fk | 2009-05-27 09:11 | nokishita屋

<< nokishita屋vol.3... nokishita屋&喜びふぇ... >>